めっき

■めっき製品の仕上り均一化

処理液の管理

表面処理工程において、重要なポイントは液管理。 処理液の微妙な変化(濃度・バランス・温度・不純物混入など)で、めっき製品の仕上りが変わります。 又、トラブルの要因となる可能性もあります。
弊社では、全ての処理液に於いて、徹底した液管理を実施。 処理液のバラツキを低減、一定になる工夫をしています。

蛍光X線による定量分析

滴定による定量分析

ハルセル試験による定性分析

工程管理

同じ商品を以前処理した物と今回処理した物とで、外観や品質など、めっき製品の仕上りに違いがあっては困ります。
処理液が一定条件で管理されても、めっきする製品の形状や大きさ、めっき厚さの指定等により、 個々の処理条件は、変わります。
(バレル投入量・処理時間・電気量・乾燥条件など) 弊社では、それらの処理条件がシステムに登録されており、『加工現品票』に出力されるなど めっき製品の仕上り均一化に工夫をしています。

バナースペース

株式会社関西電工

〒577-0818
大阪府東大阪市小若江3丁目3番1号

TEL 06-6721-4793
FAX 06-6724-6588

大阪ものづくり優良企業賞2015受賞 iso9001取得 女性の活躍推進宣言
目視選別検査のみでも承ります